アルゼンチン、イグアス
プエルト・イグアス  11月4日(晴れ)

イグアスの滝 ~アルゼンチン側編 その②~


さて、いよいよ悪魔に会いに行きます。
悪魔へは園内を走る鉄道に乗ります。
鉄道といっても、遊園地の園内を走る汽車ぽっぽなイメージ。



30分ごとしか来ないのと、4時か5時ごろに終わっちゃうそうなので、帰りの時間に注意です!


一番奥の駅で降りて、再び遊歩道を進みます。
これまた、川の中に作られた蛇の道みたいな遊歩道。



これが延々と続きます。
両側には、湖か?!ってほどの川が広がります。
この水が全部落ちるんだから、そりゃえらいことですわ。



いいかげん景色に飽きるくらい歩いた先に、突如現れる水しぶき。
いよいよ、悪魔とのご対面!

ドドドドドドドドドドドドドドドドドーーーーーーー!!!!





これは文句なしに度肝を抜かれます。
世界最大級のダバダバです!
あまりの迫力に、しばらく言葉を失い、ただただ見入るばかり。
CGか?!と疑うほどの冗談みたいな迫力。

イグアスの滝で悟ったこと。
人間、想像を超えるものを見ると、CGか?!合成か?!と思っちゃうらしい。


といくら言っても私の写真の腕では、いくらなんでも伝わりません。
というわけで、水しぶきと闘いながら撮ったダーリンの渾身の動画をどうぞ。



やっぱり、アルゼンチン側は見ごたえがありました。
絶対ブラジル&アルゼンチンどちらも行くのがおススメだけど、どうしても時間がなければアルゼンチンを取るべきかも。


あとなにげに、遊歩道で見たこの景色が一番印象的だったな。
やはり、自然に勝てる美しさはないのでは。




夕方まで満喫し、そろそろブラジルに帰りますか。
アルゼンチン側のバスターミナルまで市バスで戻り、行きに乗るはずだったブラジル行きのバスに乗ります。
だいたいな表示だこと。



国境にて、バスはさすがにドライブスルーとはいかず、バスを降りて入出国手続きをすることになります。
アルゼンチン側では手続きがすぐ済むので、急げば乗ってきたバスが待っててくれますが、ブラジル側では入出国カードなど手続きが面倒なので、容赦なくバスは行ってしまい、国境にておいてけぼりをくらいます。
降りるときに、乗り継ぎ券みたいなのをくれるので、しょぼいバス停で20~30分待って、次のバスに乗りましょう。

ちなみに、行きのバスでブラジル側の出国手続きをスルーする、という荒技があるようです。
そうすれば、バスに置いてかれることもないし、帰りももちろんスルーできるというわけ。
それでなぜアルゼンチン側の入国審査が通るのか、かなり謎ですが、日帰りの人が多いので甘々なのかも?
サジ家もその荒技にチャレンジしようかと思ってたんですが、ひょんなことからタクシーになっちゃったので、通らざるを得なくて、その結果、帰りにバス待ちぼうけです。
サジ家は時間があったからいいんだけど、急いでる人はチャレンジしてみて欲しいなぁ。
それで捕まっても責任持てませんけどね。


興奮冷めやらぬサジ家ですが、何とか興奮を静めて一刻も早く寝なきゃいけません。
というのも、サンパウロへの帰りの飛行機は、AM6:00発。
ということは、ホテルAM4:30出発。
ということは、AM3:00起き・・・

我ながら、過酷なスケジュールを組んでしまった・・・
でもおかげで滝をゆっくり見れたし、何度も言いますが、眠い以外には無駄が1つもありません。


サジ家の世界一周滝めぐり、これにて終了~
いやぁ、最高でした!
そして、心から思うこと、ナイアガラ→イグアスの順でよかった!

3大瀑布制覇まで、あとはアフリカのヴィクトリアの滝を残すのみですが・・・
ま、夢は夢として、大切に取っておきましょう。
滝運あるし、行ったらきっと晴天だろうしね!

3 コメント “イグアスの滝 ~アルゼンチン側編 その②~”

  1. Lumi より:

    私も同じく。。。
    残すとこヴィクトリアの滝です。

    南ア滞在で、日本から行くより近かったから行きたかった。
    でも3泊4日の旅で行くにはもったいないからやめました。

    いつの日か。。。行きたいです。

    でもどっちか選べって言われたら、
    ブラジルをとります。(。。。滝と国を比べるな!って)

  2. Lumi より:

    devil’s throughtが観れるから、
    やっぱアルゼンチン側外せないですよね。(同感)

    でも両方行けるなら、
    ボートトリップはブラジル側の方がいいコースでした。

  3. サジミホ より:

    >Lumiさん

    ブラジル、Loveですもんね!
    あまり時間が取れず、リオとかアマゾンとか行けなくて残念ですー
    南米はぜひリベンジしたいです!

コメントを投稿