ブラジル、サンパウロ
サンパウロ  11月5日(晴れのち雨)&6日(雨時々曇り)

F1 -BRASIL GP 2010 予選- ~サーキットへの道~


さて、地球の歩き方にもサーキットのことなんて書いてないけど、ネットで調べればなんとかなるっしょ!
ITバックパッカーってのはあまり賛成じゃないんだけど、世の中の流れに沿っているってことで。

なんせ、サーキットがどこにあってチケットがいくらくらいで当日券があるのかどうかとかサッパリなもんで。


ちょちょいとネット検索&さらにF1好きの兄にもチケットの相場を聞くためにメール。

モナコの記事でも書いたけど、最近全然F1見ていなかったのですが、ちょうどチャンピオンが決まりそうなんだそうですね。
なんだかポイントや給油ルールも変わっててちょっとビックリ。

特にブラジルGPはいつも人気があるそうで、(そういえばセナのお墓は行こうかなと思ってたことを今思い出した)当日にチケットを買うのはかなり難しいんじゃないかと。


ま、でも僕らは予選だけだし、何とかなるかもしれないから取り敢えず行っちゃいましょう。

サーキットの名前(Autodromo Jose Carlos Pace)と、最寄りの駅名(Autodromo)ってだけメモして出発しました。



ホテル出発前に悩んだのが、カメラを持って行くかどうか。
もともと治安が悪い上に、サーキット会場の周辺はGP開催中もっと強盗事件などが増え、Wikiによると、シューマッハもブラジルGPにだけは妻を同行させなかったとか。

うーん、最後の最後にカメラを盗られてしまったら日本帰ってからの仕事にも支障が起きるし、保険でまかなえる金額じゃないからなぁ。


苦渋の決断だけど、安全優先で、サブ機で一応持って来ていた今回一度も使っていないリコーのR10で行くか。
お金も持ち物も最小限で、格好もいつもにも増して貧乏そうな感じでね。



僕らのホテルの近くの地下鉄駅Republicaに行き、切符販売窓口でお姉さんに行き方を聞きます。

ところがさっぱり英語は通じないし、僕らもポルトガル語がさっぱりわからない。
#南米はブラジル以外はスペイン語でブラジルだけポルトガル語なんです。

ポルトガル語は0~10までの数字と、オブリガード!(ありがとう)と、クアントクスタ?(いくらですか?)くらいしか知らないんだよな。


とりあえず「Autodromo! F1!」と連呼してメモを見せたら、「オニブスオニブス!」といって出口の方を指さされました。

オニブスてOnibusか!?
空港からここまでくるのに乗ったバスは確かOnibusとか言ったな。

バスで行けるなんて僕のネット検索スキルじゃ出てこなかったけど、とりあえず地上に。
すると、思いっきりチェッカーズフラッグとバスが一緒に写っている広告があり、その付近にバスがいました。

どうやらF1開催の日だけ運行されているバスだそうです。
地下鉄や近郊電車で行ったら3本電車を乗り継がなければいけなかったみたいなのでバスで現地まで行ってくれるとは楽チンじゃないか。

往復で一人15レアル(=750円くらい)なので安いもんである。


とりあえず行けそうだ。
慣れていないR10で切符などを撮影して、バスでゆったりサーキットへ向かいます。





♪ Macy Gray “Slowly”

コメントを投稿