チリ、イースター島
イースターアイランド  10月26日~11月1日(曇り、晴れ)

イースター島 ~日本人宿 ハレ・カポネ~


イースター島唯一の日本人宿、Hare Kapone(ハレ・カポネ)に宿泊しました。
今年開業したばかりの新しい日本人宿で、まだ地球の歩き方にも載っていません。

今までせかせか移動してきた僕らにとっては少し贅沢に6泊しちゃいました。

安宿なのに空港まで迎えに来てもらえます。
しかもレイまでかけてもらっちゃって。




ハレ・カポネの外観

広いお庭付き。管理人さんの飼い犬が可愛くジャレてきます。


平屋一軒家なのですが、男性4人女性4人の最大8人限定という小さなドミトリータイプ。
バス・トイレは男性、女性にひとつづつありました。
僕らが泊まった時は、初日が5人、2日目が4人、3~5日目が3人、6日目が5人とあまり人数が多くなかったため毎日広々と使わせていただきました。


立派なリビングルームがあり、イースター島関連のDVDやジブリ作品がありました。
ここに泊まりにくる方はみなさんバックパッカーで世界一周している方が多いのですが、遺跡とか見るとラピュタを観たくなるのはみんな一緒なんすね。


初日に一緒だったみなさん


みなさん一人旅だったのですが、面白くて良い人たちばかりでした。7日間ずっと笑ってた気がする。
旅が好きな日本人バックパッカーに悪い人は居ないのかもね。
しかし世界一周が流行ってますね。みんな会社辞め過ぎ。

女の子でも一人で世界一周していてすごいですね。たくましい。


みんな写真に興味があるのでいろんな話しができました。
つくづく写真やってて良かったと思いますね。


キッチンもあるので自炊ができます。
イースター島は観光地なので外食になかなかの金額がかかります。
日本と同じかそれ以上くらいかかるんじゃないかな。
なのでスーパーやコンビニのような小さなお店で食料を調達して、6泊のうち5日間自炊しました。
スーパーは場所によって高いところと安いところがあるようでしたので、ハレ・カポネ管理人の川口さんに聞いて食料調達。


お米(安いところで2kgで1,200チリペソ=200円くらい)も売っているので、お鍋で炊くこともできます。
普段、日本では炊飯器で炊いてしまいますが、この旅でお鍋で炊くのも慣れてきました。


1日だけ裏庭でバーベキューしました。
牛肉はあまり美味しそうじゃなかったので、鶏肉や野菜とお米です。
川口さんが着火から肉の焼き加減まで面倒見てくれて、抜群の焼き加減で美味しく頂きました。




美歩はキッチン作業


今年はバーベキューとか出来ないと思っていたから、まさかイースター島で星を眺めながらできるとはね。
ビールは一緒に泊まっていたヒロさんに奢ってもらっちゃって、最高に贅沢です。


イースター島には他にも数件安宿があるそうですが、観光中に会った日本人の方に聞くと、設備や雰囲気的にはハレ・カポネが一番良いみたいですね。


この旅で重要視してきたWi-Fiはこの宿には無いけれど、逆にイースター島はパソコンなんか見ずにゆっくり過ごすことが一番贅沢でしたね。
ここ10年間、1週間パソコンもケータイも使わなかったこと無かった気がする。


ま、ケータイは使いたくても何故か無いんですけどね。






♪ 井上杏美 “君をのせて”

2 コメント “イースター島 ~日本人宿 ハレ・カポネ~”

  1. ちい より:

    ラピュタ好きー♥
    てかパズーが最高にかっこいい!!
    『シーターーー!!!』ってとこ。
    胸キュン。

  2. サジヒデヤス より:

    >ちい

    俺はドーラおばちゃんの『40秒で支度しな』が一番のお気に入り。

    イースター島関係ないじゃん。

コメントを投稿