イギリス、ノッティンガム
ノッティンガム  7月31日(くもり時々晴れ、少し雨)

ノッティンガム城と街ナカ遊園地

続いて車はノッティンガム(Nottingham)に到着。

ノッティンガム城があり、あのロビンフッド伝説の最有力説の場所です。

銅像。





ロビンフッドは諸説あるらしく、ノッティンガム城はあくまで最有力なだけだとか。
入場チケットを買うとこんなシールが貰えます。というより付けなければいけません。


さすがにお城だけあって小高いところにあり、ノッティンガムの素敵な街並みが展望できます。


映画のロビンフッドで使用された小道具や衣装の展示もありましたが、お城自体はロビンフッドというよりもお城に関する貯蔵物や、何故かノッティンガム市民のポートレート写真や絵画がたくさん展示されてました。
ロビンフッドは最有力ってだけだからかな。

土曜日だからか、城内の広場で恐竜がサッカーしたりアマチュアバンドが演奏したり女王がトランプマンに命令してたり、なんだか愉快でした。







ノッティンガム城の後、メインストリートまで歩いてみると街ナカに遊園地が。夏休み限定なんでしょうか。
子供たちがプールで水掛けあったり砂浜で日光浴していたり(たぶん気温15℃くらいなんだけど)逆バンジーや椅子に座って宙をくるくる回るやつとか、愉快な街でした。










しかしこうも涼しいと夏休みって感じしないんだろうなー。水の掛けあいや砂浜で日光浴して気分だけでも盛り上げないとね。
どんより曇ってたけどね。
写真も記事もパッとしないね。