ドイツ、ベルリン
ベルリン  8月24日(晴れ)

ドイツ連邦議会議事堂で組閣ごっこ


ベルリンで人気のある観光スポットに、ドイツ連邦議会議事堂(帝国議会議事堂)があります。


ガイドブックに”行列ができることもある”と書いてあるとおり、ものすごい人でした。




やっぱ夏休みはあかんね。でも気候がいいから許しちゃおう。


1時間程待ち、ようやく入ると手荷物検査。
さすがに厳重で、空港並みの手荷物検査を受けました。

議事堂なんですが、エレベーターで屋上にあがるとガラス張りのドーム型の施設があり、ベルリン市街を見渡すことができるようになっています。





議事堂感ゼロです。


中は螺旋上のスロープで、無料のオーディオガイドにて解説してくれます。7、8ヵ国くらい対応していたけど残念ながら日本語は無し。スロープ上にセンサーがあるのか、歩いていると自動でそこから見える建物についての解説が始まります。あんまり早足で行くと次のガイドに切り替わっちゃうので注意です。

ガイドが慌てて切り替わっちゃうところを楽しみたい人は駆け足で行きましょう。




屋上からベルリンのTV塔も見えるのですが、すぐ前にOPELのビルがあって残念な感じに。
ド正面でかぶっているので、むしろOPELのビルの一部かと思うくらいでした。




どうでもいい話しなんですが、行列に並んでいる間に黒い服を来た人々がものものしく現れました。



もしかして議事堂に強制捜査でも入るんかと思ったら、当たり前のように階段で並び出し、通りすがりの観光客に大量のカメラを渡して記念撮影していました。



特にモメずにうまいこと階段で並んだのできっと慣れているんでしょうね。

世界中のいい感じの階段で組閣ごっこでもやっているんでしょうか。ちょっとクールビズな人もいますね。


頼まれたおじさん達は笑えてしかたない様子でした。
カメラが多いもので4人がかりで写真撮ってました。

写真頼まれたかったなー。


組閣ごっこが終わると、議事堂の中にも入らず去って行きました。
次の階段を探しに行ったんでしょうね。

世界は広いです。


てか議事堂に強制捜査なんて入らないか。


♪ Stereophonics “Have A Nice Day”

 ドイツ、ベルリン
ベルリン  8月23日(晴れ時々くもり、一時雨)

Berlin, 1933-1989, &1945



ドイツがドイツで無かった時間なのか、
ドイツらしい時間だったのか。

象徴のベルリン。



小~中学生の頃、兄の部屋で「アドルフに告ぐ」を読んだときのことは今でも覚えています。


『君は親友さ。しかしなぜ
 なぜ君はユダヤ人なんだ?』



ヒトラーがユダヤ人では無いにせよ、この、つい最近の出来事にも誤解は生じている。
まだ誤解は解けていないし僕には分からない。


人権に対するメッセージを伝えようとしている街でした。
ただ、もっと多くの目線からのメッセージが必要であるとも思いました。


『君がユダヤ人だろうと
 ぼくがドイツ人だろうと…
 関係ないだろ』



1989年以来、東京から8913Km離れた場所はもの凄く進化しているようです。
壁はレンガの跡になり、各地でミュージアム化されています。


永瀬さんがカップヌードルを食べていた”The Fall of the Berlin Wall”。
ラインを超えたその先には何が見えているのでしょうか。


ここは、僕には理解できない、幼少の頃のサジ家と重なるところもあります。



“No Boader”だといいのですが。





♪ Flona Apple “Across The Universe”