クロアチア、プリトヴィッツェ
プリトヴィッツェ  9月4日(晴れ)

プリトヴィッツェ湖群国立公園


クロアチア、続いてはプリトヴィッツェに行ってきました。
世界遺産に登録されている、ザグレブからバスで2時間半ほどの湖畔です。
ここがまたイイ。

クロアチア、おすすめです。
サッカーがまあまあ強いだけの国じゃないです。


ザグレブのバスターミナルの建物。ここから出発します。


何駅かは知りませんが、中央駅から6番トラムで3つ目の駅です。

階段で2階に上がったところにチケット売り場があります。



チケットは指定席と手数料込みで95Kn(クナ)。1,400円くらいかな。まあまあ高いネ。
1日に10数便あるみたいですが、僕たちは朝から2番目に早い8時40分のバスで行きました。

プリトヴィッチェのバス停はターミナル1と2があり、どちらで降りてもよいみたいですが僕たちは1で降りることに。
予定通りの10時55分に到着。クロアチアは結構時間に正確なのかな?

インドあたりから、待つのが当たり前になっているので、電車やバスが正確だと逆にビックリします。日本だと列車が遅れたらYahoo!ニュースに載っちゃうもんね。正確が当たり前だから関係者は大変なんだろうな。


入場券を買ってさっそく中へ。入場券は110Knだったかな。1,500円くらい。
噂によると年々値上がっているので参考にならないかもしれません。
世界遺産ですからね。


プリトヴィッチェ湖畔は、段々畑のような高さ違いの湖が上流から下流へ横に連なっており、入場チケットを買えばそのなかを散策することができます。

もちろん、歩いていい道に沿っていれば自由に歩いて良いのですが、いくつか模範のコースが設定されていました。


A,B,C…と数種類ありましたが、僕たちはCコースで。4~6時間コースと書いてあるのでサジ家には8時間くらいかな。
バスの最終が18:40なのでちょうど間に合うかな。


早速入場してみるといきなり圧巻。


エメラルド色の湖畔に僕らも外タレも見とれてしまいます。







そういえばスイス以来、都会を中心にまわっていたので自然に触れ合うのが久しぶりです。
50mmネイチャー系カメラマンゴコロをくすぶられました。







鴨なんてどこにでもいるのに、エメラルドだから撮っちゃいました。





湖畔の中は、こんな感じで歩ける橋が作られています。


魚もたくさんいます。
エメラルドを透き通っていて、魚どころか湖の底まで良く見えます。


サジ家は去年まで沖縄の離島の海に毎年シュノーケリングに行っていたのですが、海外のリゾート地より透明度が高いのでとてもお気に入りなのですが、軽くそれを超えています。スバラシイ!
嫁情報によると昔はココも泳げたそうですが、自然保護のため、世界遺産を維持するために遊泳禁止になったそうです。いやあ入りたかった!でも自然大事だからやめておこう!

滝もいいですね。


知っている人にはどうでもいい、カメラ超基本テクニック。
よくある滝が流れているような写真を撮るにはシャッタースピードを長くすれば簡単にできます。
この写真は1/10秒だったかな。絞りや感度との兼ね合いもあるのでその辺はお好みで。
流れている雰囲気が出ていいですよね。



逆にシャッタースピードを早くするとこんな感じ。
これは1/200秒かな。条件的にはもうちょっと早くできたけど、こんな感じで撮るとシブキ感が出ますね。


ちなみに僕は三脚を持ち運ぶのがキライ(機動性が減少してしまうので)なので、スローシャッターは気合いのホールディングでなんとかします。今日も三脚はソージョンの中です。


どうでもいいカメラ講座はこの辺にしておいて、途中まで行くと船に乗って先に進むことができました。この船は入場券代に含まれています。


船の中でなんとACOの軌跡を発見!こんなとこに!?



しかしエメラルドです。




最後は一番上の湖まで行くと、はじめの場所付近まで戻ってくれるバスに乗ることができます。
思ったより早く(と言ってもこの時点で4時間以上経過)着いたので芝生でゴロゴロタイム。
東京都70リットルのゴミ袋がここでも役に立ちます。


東京都70リットルのゴミ袋をリュックから出す嫁。


30分程ゴロゴロしてバスに乗り込みます。
バスはこんなんです。



思ったより早くエントランスに戻って来れたので、17:15のバスでザグレブに戻ることにしました。


バス停で待つ嫁。


ところが時間になってもなかなか来ない。
次のバスの時間になってもまだ来ない。その次になっても。

これまた噂によると、バス停に居ても手を振ってアピールしないと停まってくれないとか。一緒に待っていた外国人ズと、通るバス通るバス全部に手を振ったけどなかなか停まりません。大半はツアーの貸し切りバスのようです。


18時を過ぎて、こりゃ野宿決定か?と思いかけた時にやっと1台停まってくれました。
いったいあなたは何時のバスなんだ?

とにかく無事に帰れて良かった。
全然時間に正確じゃないなこの国。

予めインフォメーションで帰りのバスの料金を聞いたら、100Knと行きよりちょっと高いらしい。でも実際にバスの中で請求されたのは何故か80Kn。
実は適当だなこの国。


バス停で、若い日本人3名にお会いしました。みんなバックパッカー。
どうやらパリに住んでいる美容師さんとヘアメイクさん。とてもオシャレな方々でした。

何故か似たような業界の人と会うことが多いなぁ、この旅。でも嬉しいです。
どこかで一緒に仕事とかしたら楽しいんだろうな。

旅に来てよかったなという瞬間は、世界遺産を見た時だけではないですね。


♪ Red Hot Chili Peppers “Otherside”