クロアチア、ザグレブ
ザブレブ  9月3日(晴れ)

美女とザグレブ


ブダペストから列車で6時間ほど、ザグレブに来ました。
今回は列車の中でパスポート見てもらいました。スタンプまで押してもらっちゃいましたよ。
どうせ見てくれないと思ってうかうかしていたのですが、国境付近の駅で30分ほど停車し、怖そうな方々数人で見てくれました。

みなさんザグレブご存知ですか?僕は全く知らない街だったのですが、ザグレブはクロアチアの首都だそうです。

ある筋の情報によると、クロアチアは美女が多いそうです。
確かに列車でとなりになったクロアチア人カップルの彼女はとても美人でした。それでいてサバサバしてるカッコいい感じです。
でも男性はちょっとイマイチかな。ヨーロッパ周遊で目が肥えて来たのもあるけど、ちょいイマイチです。
彼氏はトビー・マグワイヤな感じでした。
蜘蛛に噛まれたら驚異的な肉体になるのかもしれませんが。


クロアチアといえば、旧ユーゴってこともあり混沌とした街であるかと思っていました。

でも着いてみてビックリ、とてもキレイな街です。


しかも観光には力を入れているのか、ユースホステルのフロントで日本語のガイドブック小冊子を2冊もいただきました。1冊は「ザグレブはこう周われ!」みたいな観光ルートが街並の紹介とともに分かりやすく書かれているものと、もう1冊はザグレブの歴史紹介とイメージ写真満載のものでした。MAPやトラム路線図もフリーでした。
まるでガイドブックは必要ないくらいで、途中下車したサジ家には大変ありがたかったです。
アムステルダムとかプラハでは街のちょっとした地図でもお金が必要だったのに。
しかもとても治安のよい国だそうで、僕の旧ユーゴ像は良い意味で裏切られました。反面、ちょっと残念な気もするけど。

この旅は僕の誤解をどんどん解いてくれます。


トラムも結構新しめです。


切符は駅付近のキヨスクで購入(1回券8クナ=120円くらい)し、トラム内にある機械に挿入して刻印します。


キヨスクはどこの駅にもあるのかなと思いつつトラムに乗りながら他の駅も観察していたのですが、全然ありませんでした。
メインの駅(ザグレブ中央駅)のトラム乗り場付近のキヨスクで、使用する分をまとめて買っておいた方がよいです。僕たちはそんな気がしたので、初日にまとめて買っておきました。


この建物が中央駅。


前にはお花畑の広場になっていてとてもキレイです。
散策の前に朝食です。ユースホステルに朝食が付いていなかったので、前日にブダペストのスーパーで買っておいた約5円のパンをベンチでいただきます。(もちろん外人ヌケ)



見所もたくさんあります。
全部右にあるようです。



丁寧なガイドブックをいただいたので、全くそのルート通りに散策してみました。


メイン広場付近


マリア像


大聖堂なか


大聖堂そと(やっぱり工事中)


ビール


青空市場


オシャレストラン


ちょっと小高いところから見る茶色い屋根たち


クロアチア国立劇場


こんな汽車みたいな観光車も走っているみたいです。


街のなかはあらゆるところにお花があり、丁寧にお手入れしている様子です。


このお手入れーズは僕らと同じようなルートをまわるので、ずっとストーカーしているような感じでちょっと気まずかったです。


1日もあれば十分見れてしまう小さな街ですが、とてもキレイで良いところです。


しかし、街には観光客やご年配の方が多く、なぜか若い美女はあまりいませんでした。

ところが中央駅付近に「インポータンネ センター」という地下ショッピング街があり、そこにはアパレルやアクセサリー、スーパー、パン屋さんなどが100店舗ほど連なっていて、地元の人たちはみんなそこでショッピングしていました。美女もそうです。ここに居たのか。


どうりで街中であまり飲食店以外のお店を見なかったワケだ。クロアチア人は地下でショッピングするのね。名古屋の人と一緒だ。やったね。

美女が多いかどうかは、どうなんだろね。

地下街にいるのかな。


♪ Jason Mraz “I’m Yours”